本文へスキップ

Medical corporation Toujikai Fujii Hospital

お問い合わせはTEL. 0294-72-5511

〒313-0016 茨城県常陸太田市金井町3670

放射線科Radiology


一般撮影装置


一般撮影装置 簡便かつ迅速に画像情報が得られるので、最初の診断に用いられる最も使用頻度の高い装置です。
 胸部や腹部は勿論、全身の骨や、造影剤を用いた尿路系検査にも使用します。




X線TV装置


X線TV装置 X線TV装置は、観察部位がリアルタイムに画面に映し出される装置です。観察をしながら向きを変え、最も見やすい状態にして撮影する事ができます。
 治療のために肝臓や胆嚢に行うドレナージ、造影剤を使用した消化管の撮影など、その用途は幅広く様々な検査や治療で利用されています。
 一般的にはバリウムを飲む胃の透視検査でよく知られた装置です。





X線CT装置


 X線CTとは、
「Computed Tomography」の略です。体にX線を照射すると一部は吸収されますが、透過して得られたX線の量を画像化したものが一般のレントゲン検査です。
 これを全水平方向から照射してデータを集め、コンピュータ処理して奥行方向も含めた断面図を再現するのがこの装置です。
 一般撮影装置では得られない精緻な情報を得る事ができます。

 頭部から末梢血管まで、また小さな病変やエックス線透過性がほとんど変わらない病変には造影剤を用いる事により明瞭に描写され、より正確な診断が可能です。


骨塩量測定装置


骨塩量測定装置 腰椎、大腿骨、全腕骨をX線で測定分析し、骨塩量(骨密度)を測定する装置です。
 骨粗鬆症の診断や治療経過観察のほか、腎疾患患者の骨量変化の経過観察にも用いられます。




藤慈会 藤井病院

〒313-0016
茨城県常陸太田市金井町3670
TEL. 0294-72-5511
FAX. 0294-72-5516
E-mail:
hitachioota@fujii-hospital.com
メールフォームでのお問い合わせはこちら


茨城エコ事業所